【世界の車道から】第4回 東アジア・中華人民共和国編1
【世界の車道から】第4回 東アジア・中華人民共和国編1
Joni Mitchell - Both Sides Now 2000 lives
Joni Mitchell - Both Sides Now 2000 lives
ウォンバット・ほぼ動かず
ウォンバット・ほぼ動かず
Anime - サムライスピリッツ (Samurai Shodown) 2/8
Anime - サムライスピリッツ (Samurai Shodown) 2/8
徹子の部屋 三上博史 # 1
徹子の部屋 三上博史 # 1
♫ Star Wars ♫ WwW.ZuMaCaYa.CoM
♫ Star Wars ♫ WwW.ZuMaCaYa.CoM
All That Jazz (2002 Chicago Movie)
All That Jazz (2002 Chicago Movie)
saber marionette J to X
saber marionette J to X
Nine Inch Nails: Gave Up (1992)
Nine Inch Nails: Gave Up (1992)




LIVE : BESIDE YOU IN TIME [Blu-ray]
まず、2枚と説明されてますが、1枚です。
自分は、通常版のDVDを発売と同時に購入。
四六時中見まくって、来日公演にNIN一色で望んだ。
公演終了後、家のレコーダが壊れた為、Blu-ray対応機を購入。
そして、このDVDもamazonで発売を知り購入。
価格差や通常版持ってることからやや躊躇をしましたが、
まさに購入して、正解。。。。
とにかく美しい。
DVDで気付いてなかった、「あんな形にスクリーンなってる」とか
スクリーンのほつれ、ライトアップした時の観客の顔等々、
圧倒的な情報量で驚きます。
必ず、来日公演の興奮が蘇ります〜。
NINファンでBlu-ray環境ある方は、マストアイテムですね。
大画面、なお良しです。

 

Live at the Greek (Ws Dol) [Blu-ray] [Import]
この二つのバンドの片方でも好きであれば、絶対に「買い」です!構成は、最初の3曲(Beginnings/In The Stone/Dialouge)は合同で、そのあとEWFが15曲、シカゴが12曲、そして最後はSeptember/Free/Does Anybody Really Knows What Time It Is?/Shining Starを合同で歌い、フィナーレはシカゴの名曲25 or 6 to 4の圧巻の合同演奏。

途中、シカゴのBill ChamplinがEWFのAfter The Love Is Goneを歌い、EWFのPhilip BaileyがシカゴのIf You Leave Me Nowを歌ったり、ヴォーカル・ギター・ベース・ホーン・ドラムスの掛け合いが随所にあり、ファンであれば本当にたまりません。

 

NEOGEO オンラインコレクション サムライスピリッツ六番勝負
NEOGEOのROMで「零」以外は所有していますが、PS2版は画質が悪いです。

サムライスピリッツはシリーズを通して背景の美しさが特長としてあげられるんですが、
NEOGEO版が透明感があるのに対して、PS2版はベタっとした感じになっています。
ドットが目立たないように画面全体の画質をソフトにしているんでしょうが、それが裏目に出ています。
キャラクターのグラフィックに関しても劣化している印象を受けました。

特に「真サム」「天草」での劣化が顕著で、
「真サム」ではアースクエイクの鎖鎌部分(PS2版だと横線が入る)、
「天草」ではライフゲージのメッシュ部分を見比べると一目瞭然だと思います。

6作入ってお買い得なんですが、美麗さが損なわれている点がファンとしては残念。

 

スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐(DVD発売記念版)
SWのゲームでは99年にPSで発売された「エピソード1ファントムメナス」以来のジェダイがメインになっているゲーム!
ストーリーモードでのプレイヤーはもちろんアナキンとオビワンです!クリアしていくとデュエルモード(1対1で勝負できる)に次々とキャラクターが増えていきます、全9人です(少ない気がした)残念。
ジェダイについては文句ナシのアクションです、フォースを使って敵に物をぶつけたり、敵を洗脳(クローンかドロイド)したりできます。
もちろんスゴイのはフォースだけではありません!!ライトセーバーのアクションは気持ちいいです、次々とくる敵をフォースやセーバーをうまく使って倒していけば気分はまさにジェダイでス!!
ジェダイが使いたい方、またはジェダイになりたい方にオススメです。

 

ユー・アー・マイ・シークレット
 ♪BAby, BAby, YOu're my SEcret ♪YOu know there MUst be a WAy という不思議なコーラスで知られる英詞曲。フジテレビ系ドラマ「あなただけ見えない」の主題歌である。イギリスでも高い評価を得たというエンジニア・ユニット date of birth の代表曲だ。

 「あなただけ見えない」は、小泉今日子・三上博史 主演のドラマで、「多重人格」をテーマに取ったサイコ・サスペンス。「青田三郎」を名乗る正体不明の人物により、不可解な連続殺人事件が起きる、というストーリー。

 サスペンス・ドラマにぴったりの、謎を秘めたサイケ・ロックで、マニアックだが完成度は非常に高い。ここで聴けるNORICOの抑えたヴォーカルは、脳に直接響く催眠の様である。聞いていると、精神が支配されていくような感覚が味わえる。
 退廃的なジャケットも秀逸。「美しい白人少女が拳銃でこちらを狙っている」というもので、コラージュされているロゴも含めて、独特のアートを感じさせる。この世界観に魅力を感じるかどうかで評価は大きく分かれるようだ。

 カップリングも同ドラマの挿入歌。こちらはネオ・アコースティックの様に始まる。途中からエレキも加わり、劇的に盛り上がっていく。回想シーンで多く使われていた。こちらもなかなかの完成度。

 date of birth:重藤功、重藤進、重藤賢一、そしてヴォーカルのNORICOで 1985年に結成。自らレコーディングスタジオを運営し、数多くのCF音楽、映画音楽、他アーティストのプロデュースを手掛けるエンジニア・ユニットでもある(公式プロフィールより)。

 

スター・ウォーズエピソード2クローンの攻撃―ジュニアノベル (Lucas books)
世界中を熱狂させた「スター・ウォーズ/エピソード1」に続く、ノベライズ第2弾。
主人公はご存知、悪の権化ダース・ヴェイダー。
今作は、そのダース・ヴェイダーが、まだジェダイ騎士の見習いとして奮闘していた青年の頃の物語です。

無垢な愛らしい少年だったアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ヴェイダー)は、10年の歳月を経て力溢れる凛々しい若者に成長しました。彼の師であるオビ=ワン・ケノービは、無鉄砲で傲慢な弟子の扱いに苦労しっぱなし。
そんな2人に、評議会から命令が下ります。
命令の内容は、元老院議員パドメ・アミダラの護衛。

実はこのパドメ、アナキンの初恋の女性。任務とは言え、初めて会った時よりもさらに美しくなった彼女と夢の再会を果たしたアナキンは喜びに打ち震えます。
しかし、この任務の先には予想だにしなかった巨大な陰謀が待ち受けていたのでした。

日増しに力を増すダーク・サイドの影、暗躍する政治家達、秘密裏に製造されていたクローン軍団、偉大なるジェダイ騎士の裏切り…前作よりも政治色・サスペンス色が濃くなっており、なかなか興味深い内容となっています。また、禁断の愛に身を投じるアナキンとパドメの情熱的な恋模様、オビ=ワンとアナキンの微妙な師弟関係も気になるところ。

特筆すべきは、ジュニアノベルだからこその、とてもわかりやすい文章の面白さ。登場人物の喜びや悲しみ、苦悩や葛藤が一直線に伝わってきます。
中でも特にオススメなのは、冒頭のスピーダー・チェイス。アナキンのとんでもない操縦に青くなりながらアタフタするオビ=ワンの姿が笑いを誘います。

ジュニアノベルだからといって、あなどってはいけない。

大人のスター・ウォーズ・ファンにもオススメの1冊です。


 

Joni Mitchell: Hits (Authentic Guitar-Tab)
ジョニミッチェルのうたは安心できます。就職や恋愛やで疲れたときに聞いていました。初期のものが好きです。私は音楽には縁のない生活を送ってきたのだけれど、ギターを買ったし、で注文したわけです。きのうはブルーを弾いている私の夢を見ちゃいました。

 

サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣 ARRANGE SOUND TRAX
オリジナルのサントラだとイマイチなサムライスピリッツ。でもアレンジなら不満も解消されます。「心の鏡」「自然の息吹」はもちろんいいけど、「風、薫る」もオススメですよ。

 

Refuge of the Road [VHS] [Import]
80年代"Wild Things Run Fast"期のJoni MitchellのライブがDVDで待望の再発である。しかもリージョン・フリーなので安心して購入して頂きたい大傑作。超タイトなバックバンドを従えて,煙草片手に,テンポも早めに軽快に飛ばすJoniは完全なロックンロール姉御状態である。バックの面々は元旦那のLarry Kleinを含めてそれぞれにテクニシャン揃いであるが,中でもMichael Landauのギター・プレイは必見である。"Shadows & Lights"も傑作であるが,バンドのまとまりとしてはこちらに分があるように思える。とにかく素晴らしいの一語。必見。

 

Closure [VHS] [Import]
 一昨日、昨日と観させて頂きましたが、『and all that could have been』のDVDでの画質に慣れた目からすると、少し荒めの画質が目に付きます(DVDのリリース予定がオフィシャルサイトに掲載されてたが、いつになるやら…)。
 tape 1、ライヴ・ドキュメント。個人的には、David Bowieとの共演以外、特に興味を惹かれませんでした。画質の所為もありますが。
 tape 2、VC集。女性器、男性器、SM的猟奇シーン…。インターナショナルでの販売が見送られたのもわかる映像があるにはあるが、それをも含め、美しさを感じられる内容です。初期のクリップには、“とりあえず作りました”感のあるものもあるが、殆どは曲を表現し、更なる魅力を与えています。
 また、tape 2に収録された“hurt”“eraser”の様な、スクリーンを使ったライヴの映像をもっと観たいと思いました。